カテゴリ:本のこと( 8 )

俺物語!!

e0205991_0185531.jpg


私の漫画指南役Hの強力な勧めにより
GEOから借りてきた「俺物語!!」

いやーーーーー
もうーーーーー
猛男、サイコー!!!

少女漫画でここまでいけるか?!
と、驚く異色作。
猛男のあり得ない男らしさに
大笑いしたり泣いたり。

そして脇もいい。
親友の砂川。
彼女の大和。
砂川のお姉ちゃん。

二巻、一気に読んだ。

明日、買いに行こう。
[PR]
by masapon9112 | 2012-11-29 08:09 | 本のこと

言いまつがい

ルミネの本屋さんに娘と恒例の立ち読みに。

読み始めて10分経たないうちに
私は軽い貧血を起こした。
(月のものが来ていたので)
まだ来てすぐだし
帰ろうと言うのも娘に気の毒だなーと思い
エスカレーター脇のソファに座っていた。
しばらくすると落ち着いてきて
ちょっと元気が出てきたので
今日、先輩から借りた「言いまつがい」を鞄から取り出した。

おもしろい おもしろい
とは聞いてたけれど
素直に糸井重里が好きだと言いきれない私は
ココロ斜めに読み始めた。
(といいつつ、ほぼ日を毎日読んでいる。
ブイヨンに会えない日は寂しい私)

言い間違いによる
小話が山のように載っている本。
小さな笑いの「クスっ」という波が続くと
それが大きなうねりのようになって
「お姉ちゃん聞いてよ!
もんとにほー!!!」で爆発した。

くっくっくっくと笑えていたうちはいいが
涙まで出はじめて。

立ち読みに疲れて
私を探しに来た娘は
私を見るなりあわてて駆け寄ってきて
「だいじょうぶ?だいじょうぶ?」と。
泣き崩れながら本を読み続けているという状態に
「ママがおかしくなったと思った」らしい。

この本、危険です。




書きついでに、もうひとつ笑えるブログ&本。
kozちゃんが勧めてくれて読み始めたブログ
カータンの書いている「あたし、主婦の頭の中」

一年半前。
義兄が入院している病院に向かう時
使い始めたiPhone で読むようになった。
往復の電車の中では黙々と画面をスクロール。
車中で笑いをこらえるのが本当に辛かった。
義兄の状況が日に日に深刻になる分
カータンのブログに救われた。

カータンのブログは本になっていて
これもまたkozちゃんから頂いた。
肺炎で療養中の先輩や
地震直後、出かけられなくて退屈している友人
に貸し出して
あちこちで大笑いの大好評。
カータンありがとう!!

そして最近。
仕事でボロボロになっている夫が
カータンにはまっている。
深夜のリビングでひとり。
身をよじって笑っている。
(kozちゃん、この本貰ってほんとによかった~ さんきゅー)



とまあ、世間では有名になりすぎている笑える本。
二冊とも、危険よーー

言いまつがいは新刊も出たね。
こちらも先輩が貸してくれる予定。
ありがたやーーーー
[PR]
by masapon9112 | 2011-05-23 12:32 | 本のこと

ひとりでお弁当をつくろう

最近、図書カードをプレゼントしてもらった娘は
本が買いたくて買いたくて仕方ない。
本屋に行っては
「なににしようー なににしよー」と
悩みながら探している。
(とにかく買い物したいのだ)


e0205991_21271856.jpg
料理コーナーで私が子供用のお弁当づくりの本を見つけた。
「エダモンおすすめ ひとりでお弁当を作ろう」

枝元ほなみさん著で
「子供が作るべんとうの日」運動で有名な
竹下和男さん監修。
デザインがシンプルでかわいい。
材料が手に入れやすい。
写真で作り方が解説されている。
決め手は、ふり仮名がふってある。
そして、なんといってもおいしそう!!
オビには5・6年生向とかいてあって
娘にぴったりだ。





娘に、こんな本があるけど
お弁当を自分で作ってみない?と聞いてみると
大喜びでレジに走って行った。

それが、先週の水曜のこと。
娘の学校は毎日おべんとうなので
木「たまごとツナのサンドイッチ」
金「えびトマトパスタ」
と作ってその成功に気をよくしたのか
昨日はなかしましほさんのレシピをみて
チーズケーキを作っていた。
なんだかとっても楽しそうーー

今晩は、明日のお弁当用に「鶏と野菜の素揚げ」をつくり、
明日の朝は6:00に起きる予定で
「ばくだんおにぎり」もにぎる予定らしい。

基本的に、自分で本を読んで
自分でやるようにしたいと思い
なるべく口出し手だししないように努めている。
(文字通りツトメテイル。
親の側にもかなりの余裕が必要だ)
でも、三日連続でこんなことをしていると
だんだん慣れてきた。

担任の先生からも前々から
「子供にお料理させてください。
但し、最初から最後までやること」
と、いわれていたけど
私が娘に任せられなくて「部分的なお手伝い」しか
やらせてこなかった。

今、五年生という学年になって
自分で自分の好きなことを
自分の力でやってみよう~!!というところに来たのかも。
「盛り付けまで一人でやりたいの」と言うし。

娘もきっと「毎日作る」はしばらくで飽きるだろうけど
「お腹がすいたら、おいしいものつくろ!」というところに行ってくれると
私と同じ食いしん坊への道が開けると思う。
(デブまっしぐら!!でもあるけれど)


なにはともあれ。
食いしん坊、万歳!!
[PR]
by masapon9112 | 2011-04-11 21:31 | 本のこと

ケーキとマフィンの本

楽しみにしていた本を買いに、
労災法の授業後にオリオン書房へ。
本日発売のなかしましほさんのおかし本。
「まいにち食べたい“ごはんのような”ケーキとマフィンの本」


表紙は国立のなかしまさんのアトリエで販売している黄色いボックス。
(通常売られているものの中身はクッキーだけど)
この箱がかわいくてかわいくて。
味も届けたいけど
箱を見せたくて
最近の手土産はなかしまさんのクッキーボックスにすることが多い。

以前、黄色い鳥器店の企画の
なかしまさんのおやつの会に参加したことがある。
6人のお客さんが
なかしまさん作&なかしまさんサーブの
おやつのフルコースを頂く。
もう、至福の時間だった。
私は友人三人と参加。
あとの三人とは初対面だったんだけど
話は弾んで楽しいし
お菓子はおいしいし
このお値段でこんなに?な、お得感もすごかった。
そして、なかしまさんのお人柄も素敵だった。
その日のことは、とてもよい記憶。


今回の本は、
“ごはんのような”シリーズの三作目。
一冊目はシフォン
二冊目はクッキーとビスケット
この三冊目はケーキとマフィン。
スタイリングは国立の味のある古いものを扱っている
GARAGEさんが。
このGARAGEさんも大好き。
ただ今、古いイスとすり鉢を取り置きしてもらってる。
取りに行かねば。

どのケーキもマフィンもおいしそうで
口だけになりたくないので
言いたくないけど
作りたくなるなる。←あー、いっちゃった



昨日の徳永さんの本も
今日のなかしまさんの本も
手書き文字がかわいいなー。
手書き文字ってすてきだね。
私は、手書きが全くダメなので
(姉からは「あんたのヘンタイ文字」といわれる)
なんでもパソコンを使っちゃうけど
これだけパソコンの文字が溢れるなか、
手書き文字は、効く。

料理本コレクターは、最高に好みな本を手に入れて
ニヤニヤ眺めてます。
[PR]
by masapon9112 | 2011-01-29 00:16 | 本のこと

ネットで立ち読み

ネットでマンガの立ち読みができる時代。(ちょっとだけなんだけど)
いい時代になったなー。

今日はYAHOOのトップページに
懐かしの漫画がトピックにあがっていて
「生徒諸君」
「ハイティーンブギ」
「BANANA FISH」
「SWAN」
なんかをついつい立ち読みした。

ほんっとに商売上手で、
あーーーーそうそうそうやったー!
と、気分と記憶が盛り上がってきたところで
立ち読みできるページは終了。
明日が平日なら(夫も子供もいなければ)
マンガ喫茶(今はコミックカフェ?)に駆け込みそうな
消化不良状態。
あああーーー
懐かしの漫画を読みまくりたい。

来たるべき十日後の引越しに向けて
断捨離活動を推進してるんだけど
その一環として「図書館で読める本はブックオフヘ」という
方針を打ち出した。
でも、そうするとたいていの小説は読める。
手元に残るのはマンガと料理本ばかりなり・・・・
今の私の本棚からは知性はみじんも感じられない。

マンガ喫茶に行けば新旧のマンガがたっぷり読める。
立川駅前には大型マンガ喫茶らしきものもある。
でも、マンガ喫茶って女一人で行くにはちょっと入りづらくない?
ラーメン屋に一人で行くのはなー。
という感覚と似ている。
子どもが幼稚園に通ってた頃は
子どもを幼稚園まで送り
そのまま鶴見駅前のマンガ喫茶に
お母さん達でなだれ込んでいた。
懐かしく楽しい思い出。

ブックオフで立ち読みという手もあるけど
年のせいか腰にくるのだなあ。



ああー
ひとまず、「ハイティーンブギ」と「BANANA FISH」が読みたい~



おまけ
あなたのベストオブまんがは何?
私は。
そうだなー。
すごく迷うけど
「いつもポケットにショパン」と
ここ6年の私の人生に影響大な「花より男子」だ。
[PR]
by masapon9112 | 2011-01-28 23:52 | 本のこと

料理本コレクター

私の趣味のひとつ。
料理本の収集。

和洋中のジャンルなんでも
料理だけじゃなくパン・ケーキも。
料理を作るためというより
眺めるのが好きで好きで。
一品も作ったことがない本もいっぱいあるし
とくにパンとケーキの本に至っては
完全に写真集の扱い。
とにかく、わたしの独眼で「いい!」と思った料理本が
ほしくてほしくてほしくてたまらなくなる。

役にたつかどうかではなく
とにかく「そばに置きたい」
で、集まった本。多数。

e0205991_21243692.jpg
今回はコレ。
「わが家のパンと料理とおいしい食べ方」
私の大好きなパン屋さん
たまプラのベッカライ徳太郎の奥さんである
徳永久美子さんの本。
徳永さんは三冊の本を出していて
もちろん三冊ともコレクト。(ほとんど作ったことないけど)
三冊とも全く違う雰囲気で面白い。







今回の本は
偶然にもBIOREALを使ったパンづくりの本だった。
意外に、私にとっての実用書となるかも?
パンによく合うメニューがこれまたおいしそう。
きのこのクリームスープ
鱈のパルマンティエ
あーどれもこれもおいしそう。
揚げ丸パンものっていて                                             
maruちゃんのカレーパンを思い出す。


実は、明日1/28はなかしましほさんの
お菓子の本の発売日。
絶対に作らない。とはわかってはいるけど、
やっぱり明日、本屋にいっちゃう。

なかしまさんの本も全部持っていて
装丁が見事。素敵だ。
お菓子上手な友人が言うには
失敗なくおいしく作れるらしい。



たくさんの料理本は
キッチンのカウンター下に詰まっている。
引っ越したら、もうちょっと人目に触れて
料理上手な友人たちの家で
焼かれたり煮込まれたり
形になると嬉しい。←自分でやれー!!

私の料理本の数々。
日々、増殖してるので
是非見に来てね。
[PR]
by masapon9112 | 2011-01-27 21:37 | 本のこと

児童書

ニチニチ日曜市には泡山さんというセレクト古本屋さんが来る。


ジャムやお菓子を目的に行くのに
行くたびに魅力的な児童書・絵本があって
ついつい買ってしまう。
(娘には「読みたい本は図書館で探しなさい」と言ってるのに)



今回は三冊。

e0205991_1162723.jpg
ディケンズの「クリスマスキャロル」
恥ずかしながらこの名作を読んだことがなかったんだけど
11月に娘の学校の8年生が上演した「クリスマスキャロル」をみて
ものすごーーく良かったので
これは、11歳の姪へのクリスマスプレゼント。
(あらー 写真光ってるし)









e0205991_1164694.jpg
ケストナーの「動物会議」
去年の8年生劇はケストナー作の「点子ちゃんとアントン」
これがまたすごく良かったので、
それ以来、ケストナー好き。
今丁度、図書館で「動物会議」をかりて読み進んでいるところで
凄く面白いし
更に別の話も入っているので
これは、娘へのクリスマスプレゼント。
(またまた、写真光ってますな)





e0205991_117648.jpg
椋鳩十の「動物ども」
懐かしいー 椋鳩十。
子どもの頃、よんだなー。
「大空いっぱいに」とか
「大造じいさんと雁」とか。
今回の「動物ども」は
動物にまつわる短編集。






今回買うことに決めたのは、
装丁の美しさ。
ほるぷ出版の名著復刻 日本児童文学館 第二集で
明治・大正・昭和初期の児童書の紙、色を再現したもの。
すっごい味のある本なのよ。
私の収集癖をくすぐるわー


好みの本が揃ってる本屋っていいねー
しかも古本でお買い得。
そのうえ、とてもきれいなの。
よい買い物だ。
私も、丁寧に読んで
次の人に渡していこう。
[PR]
by masapon9112 | 2010-12-22 01:22 | 本のこと

娚(おとこ)の一生

娘と私に共通する最大の趣味は「立ち読み」
週に2時間は本屋で立ち読みしている。
我が家の最寄駅には大型書店が3軒。
漫画から専門書まで幅広く揃う
本屋好きにはたまらない街。
だからここから引っ越せない。

こう書くと、さぞや読書家なご家庭・・・
ということになりそうなんだけど
けっしてそういうことではなく
私は雑誌中心。
娘はまわる絵本中心。  ←10歳で! 
(唯一、キャラクターに触れるチャンスなんだろうか)



最近読んで面白かった漫画。
「娚(おとこ)の一生」  作:西炯子

四十路過ぎの私もちょっと胸がドキドキする。
映画化されたらいいのになあ。
つぐみは小西真奈美のイメージ。
教授は10年先の佐々木蔵之介あたりでどう?

↓ここでちょこっと試し読みできる。
http://comics.shogakukan.co.jp/otoko/
[PR]
by masapon9112 | 2010-11-04 11:47 | 本のこと