<   2013年 03月 ( 4 )   > この月の画像一覧

チムジルバン

チムジルバンって知ってる?


チムジルバンの説明を引用させてもらうと
「チムジルバンとは、
韓国の温泉文化に基づいた温浴形態の一つで、
ロビー(休憩スペース)を中心に、岩盤温熱室を複数備え、
軽食コーナーやマッサージ・エステなど
様々な要素が複合・融合された施設。
(ぽかぽか温泉HPより引用)」

韓国のホームドラマでは
家族みんなで和気あいあいと楽しんだり
婿と舅が親睦を深めたり。
というのがドラマ「お隣さんは元ダンナ」に出てきた。
そして、韓国では24時間営業のところが多いみたいで
ドラマ「不屈の嫁」では
家出する母子がチムジルバンに泊まり込んでいた。
調べると簡易の宿泊施設としても利用できるよう。

で、韓国に行ったら
一度いってみたいなーと思っていた。
でも!!日本にもあるんです!!
たまたま行った日帰り温泉に
チムジルバンがついていた。
佐賀牛購入のついでに寄った
佐賀ぽかぽか温泉。

佐賀牛の店「季楽」で
近くにあるお勧めの温泉を聞いた時
ぽかぽか温泉」を勧められて
その名前の軽さから
まーーったく行く気にならなかったのだけれど
HPを見るとチムジルバンの文字が。
イエーイ!!言ってみようーー!!
と、家族三人行ってきました。



この施設。
チムジルバンゾーンと
温泉ゾーンに分かれている。
(温泉のみの利用もできます)

さーて。
初チムジルバンだ。

①フロントで専用着とバスタオルをもらい、着替える。
②水分をとる。
③「麦飯石サウナ」へ。
ここが一番熱くて広いサウナ。
熱々が好きな方は麦飯石のすぐそばへ。
苦手な方は遠くを陣取るといい。
広々スペースにみんなごろりと寝転んでリラックス。
e0205991_12485064.jpg

④あとはいくつかあるもうちょっと低温のサウナで岩盤浴を楽しむ。
e0205991_12485147.jpg

⑤クールダウンしたくなったら人間冷蔵庫の氷結洞へ。
⑥中庭にでたりレストゾーンでテレビみたり。

これを何回か繰り返して
最後に温泉ゾーンのお風呂に入って帰る。

というのがチムジルバンの楽しみ方らしい。
私はこの説明を全く読まずに
いきなり低温の黄土洞にいき
岩盤浴をしながらいびきをかいて
40分も爆睡した。
起きたらびーっしょり汗かいてたよ。

私達は後の予定があったから
二時間ぐらいで温泉につかって出たけれど
何時間いてもいいということなので
次回は本やiPodを持って行こうと思った。
低温のサウナならそういうのんびりとした楽しみが可能だ。

チムジルバン内は静かで
ほんと昼寝やくつろぎにぴったり。
小さなお子さんには向かないスペースだと思うが
サウナが苦手な娘(六年)は低温のサウナなら大丈夫だったし
また行きたいと言っている。

チムジルバンはサウナと岩盤浴を中心にした健康ランド。
と説明すればいいと思うんだけれど
こういう施設は何より清潔感が第一。
ぽかぽか温泉は合格点。
日本の健康ランドにありがちな
うらびれた感じがなくて
とても気持ちよく過ごせた。
そして、着衣をつけたままなので
男女分かれて利用しなくていいから
夫婦やカップルが一緒に楽しめる。
(女性専用エリアもある)
デートでもありよ。
日本国内にもいくつかチムジルバンがあるようで
また別のところも行ってみたい。


でもやはり、本場韓国でチムジルバンにいってみたい。
理由がこれ。
e0205991_12485014.jpg

韓国ではみんなこんな風にタオルを巻いているらしい。
お猿みたいでかわいいばい。
[PR]
by masapon9112 | 2013-03-12 11:01 | 佐賀

鶏、うまし!

e0205991_14131653.jpg

昨日。
突然思い立って清里絆舎にランチに行った。
急な誘いなのに五人もご一緒できて
ほんとにうれしい。
この店はワイワイが楽しいからね。
広い敷地には90種類900本の桜が植えられていて
昨日は早咲きの桜が見事だった。



絆舎さんでの私のお勧めは鶏の狩り場焼ランチ。
(ホームページにはランチメニューがのってないけど、あるんです)
それは卓上で鶏のバーベキュー。
もしくは鶏の焼肉といえばイメージしやすいと思う。
小鉢
サラダ
鶏肉(モモ 砂肝 レバー セセリ 胸 ハツ 等)
焼野菜
お味噌汁
ご飯
デザート(昨日はシャーベット)
コーヒー
で、¥1000。


e0205991_14131599.jpg

人は炎を見るとテンションが上がる。
なんかこう、焼きながら食べるって
しあわせ感があるよね。
そして今回はお天気が良かったからアウトドア席。
春よありがとうーな気分。

ここの鶏肉を食べると
部位それぞれに違うおいしさがあると
知ってはいるんだけど
またまた言っちゃいたくなるおいしさ。
砂肝はさくさく
レバーが苦手な人もここでは
是非!チャレンジしてもらいたい。

焼いたお肉にはハーブ塩&レモン
そして意外な組み合わせの
ポン酢+生卵というタレがつく。
初回は驚いたけれど、なんかくせになる味。
いけます。


e0205991_14131665.jpg

食事のあとはのんびり敷地内を散歩。
これからの季節、桜が次々と花をさかせるし
野鳥もたくさん遊びに来る。
池には白鳥もいる。(前に行ったときは鴨もいた)
初夏にはホタルがとぶ。予定らしい。
この写真は白鳥の奥さんが網の隙間からお出かけしていたので
旦那さんのもとに帰したところ。



こちらのお店。
たいまつが灯される
夜の雰囲気もなかなかよかった。
そして、一度は食べたいふぐメニューもある。
生簀でぶさかわちゃんが元気に泳ぎ回っていた。

桜の季節の間にもう一度行きたいなーー
[PR]
by masapon9112 | 2013-03-09 14:11 | 荒尾・大牟田・玉名

向かうは、佐賀!!

夫のおつかいで
贈答用の佐賀牛を調達することになった。


佐賀牛といえば全国的にも
ぐんぐん知名度をあげている超高級和牛。
我が家付近で調達しようとあちこちさがしたが
高級すぎて日常的に取り扱ってる店はなく
それならば佐賀へ行ってしまえ!!
と、有明湾岸道路をひた走った。

目指すは
JA佐賀に問い合わせて
「ここにきて頂いたら間違いないです」という季楽へ。
ここ、レストランなんだけれど
同じ敷地に直売所がある。
そこでお肉の説明をじっくり聞き
今回のケースの場合
(お客さんが東京に持ち帰る)
蓄冷剤の持ち時間を考えると
店から直接、客先自宅へ発送した方がいい。
という結論に。
その説明がほんとうに丁寧。
ここまで来て本当に良かったーー


さて、昼でも食べて帰ろう。と、
恐る恐る佐賀牛レストラン季楽へ。
値段をみると
¥1600の焼きしゃぶ
¥1100ハンバーグ
¥1100カレーなんかもある。
でもこれ。
すべて佐賀県産和牛。
そう、佐賀牛ではない。
佐賀県産和牛はそれはそれで
もちろんおいしい。
それはわかってるんだけど
佐賀牛ではないんだなー

佐賀まできた。
運転下手なのにがんばってきた。
ここまで来たんだから
食べんでどうする佐賀牛!!

e0205991_2233731.jpg

焼きしゃぶ 佐賀牛 A5等級 ¥3400
これにした。

e0205991_2233874.jpg

白いーー

e0205991_2233996.jpg

溶けていくーー

これぞ高級!!
うんまいいーーーーーー
たったの120グラムなんだけど
ほんと、丁度いい量だった。
大満足!!

隣席のお客さんは¥1600の焼きしゃぶを頼んでいたけれど
お肉がぜんっぜん違う。
赤いーーーーーー
私のは
白いーーーーーー
見せびらかしたいぜぇ

最近、霜降ったお肉を食べたら胸焼けするのよねー
なんて言ってたけど
いい霜降りは胸焼けしない。
はーーーーーー
おいしかった!!

赤身の良さがわかりかけた四十路の私。
でも私。
やっぱり霜降りが大好き!!
[PR]
by masapon9112 | 2013-03-06 21:05 | 佐賀

花屋さん

花を買う。
それはうれしくて楽しいこと。



でも、花代¥3000を払って
最高に幸せな花束を手に入れる時もあれば
最低!と、買ったことを後悔するような花束を持ち帰る時もある。
ひどい時なんて
花束をあげる友人に
「ごめんね ごめんね こんなに趣味が悪くって」と
せっかく花束をあげるのに謝ったりして。


花屋ほど同じお金を払って
アタリハズレのある店はない。


もちろん。
知識やセンスがあれば
自分のイメージをはっきりと伝えられて
はずれのないものを手にすることができるのだろうけど
そんなものがあれば
とっくに花屋開いてるって!!


だから自分の好みにあう花屋を
日々リサーチしておく必要があると思うのよ。
花を行き当たりばったりで買うなんて
そんな危険な行為
絶対にしてはいけない!
(でもついついやっちゃって、間違いなく失敗する)



先日、お山のココペリに行ったとき
リニューアルオープンをお祝いするために贈られたお花があんまり素敵だったので
お店の方に花屋さんの名前を聞いてきた。
熊本市にあるエンジェルフラワーワーク
場所は熊本の街に行く時には必ずといっていいほどよく通るところ。
でも、車で通るところなのでまったく気づいてなかった。


小さなお店の扉を開けると
左右に花がいっぱい。
出来上がったアレンジを選ぶのではなく
好みや雰囲気を伝えて
その場で作ってもらう花屋さん。
「ココペリでみたお花がすごく良かったので、今後のために場所の確認に来たんです」
と、話してお花を見せていただいた。
買う予定はなかったのに
お店の人の感じがいいし
やっぱりお花は綺麗だし。
「¥1000で家の小さな花瓶にいれれるように」ということで
花束を作っていただくことに。

どんなかんじがいいですか?
どんなお花がすきですか?
と、聞かれても返事に困るあやふやな私は
そこにあった薄黄色の小花がいっぱいついた花を指差して
「これを入れてもらって、あとは予算内であう感じに」
と、お願いした。


e0205991_14255818.jpg

出来上がったのはこれ。
マトリカリア
ラナンキュラス
アイビーベリー
¥1050也。
あまりに少ない予算に
かなりの頑張りを入れてくださったのだと思うけど
春に向う今の季節にふさわしい花だと思う。
自分では選ばない色が入っていて
それもまたフレッシュな春のかんじ。


花を抱えて帰るのは
ほんとに心が弾む。
もうすぐーーーー
春だ!



おまけ
二年連続でクリスマスのリースを買ったのはここ。
ランプフラワーマーケット
我が家からはとっても遠いけれど
好きな花屋さん。
[PR]
by masapon9112 | 2013-03-01 14:25 | 熊本市