ビッタラアーッパ

e0205991_21472939.jpg

この卵入り(ビッタラ)お皿状の皮の中に

e0205991_21473021.jpg

好きな具をいれて食べる


これがビッタラアーッパ!!
スリランカの屋台料理で
朝食や夕食に食べるらしい。
(なぜか昼には食べないらしい)

これがこれが、おいしい!!!




今日は朝からHとともに
年に一度の健康診断を受けた。
苦手なマンモや婦人科検診を終えて
解き放たれた心は
おいしいものを求めて隣町の玉名へ。
今日はスリランカ料理&ちょっとメキシコ料理のビュッフェへ。


本日限定で玉名のちゃぶ台
るろうのカレー屋ワサンタランカがやってきて
いく種類もの料理を食べ放題!!

この辺ではエスニックな料理を食べれる店はほとんどないから
ほんとーーにうれしい!

e0205991_21473081.jpg

e0205991_21473189.jpg


あれもこれもと全種類。
その中でも特に美味しかったのが
ビッタラアーッパ。
小さめのボウルに柄(え)がついた形状の専用鍋で
一枚一枚焼く。
スリランカのクレープ?のような食べ物。
このまま原宿あたりに進出すれば
大儲け間違いなしなんじゃ?!と思うほどイケてる粉もの軽食。
お皿状の皮に具をいれて
折り曲げたりくるっと巻いたりして食べるので
歩きながらでも食べやすい。
皮は端っこのパリパリのところは炭酸せんべいのような風味。
真ん中はもっちりした食感。


ワサンタランカという店名は
スリランカ人のご主人ワサンタさんと
スリランカの造語だそう。
奥さん かわいいお子さん二人とこられていて
とても暖かくてほのぼーのしたお昼御飯になった。
日本人の奥さんにお二人の馴れ初めやスリランカの事など
いろいろ話も聞けて楽しかったな。

また、ちゃぶ台でこういう企画をやるそう。
その時にはブーンと車とばして行かなくちゃ。
だって、食べたのは今日の今日だと言うのに
既にたべたくなってるワサンタランカ。
[PR]
# by masapon9112 | 2013-05-28 20:04 | 荒尾・大牟田・玉名

はらっぱマルシェ 2013春

e0205991_23462583.jpg

年に二回の楽しいイベント。
はらっぱマルシェ@カフェネイ。

今回は、小学校の運動会と日程が重なるという
大いなる悲劇に見舞われた友人が多数。
そして中学生になった娘は部活にいってしまい
はじめてのひとり参加。



e0205991_23462737.jpg

オープンと共に会場に入り
滞在時間は35分。
娘の卒業した小学校の地区対抗リレーが見たいばかりに
(地区ごとに最も早い子がでる選抜リレー。
仲良しが三人も出るので応援にいかねばーー)
とにかく大急ぎで店をまわる。

kattekimama
大牟田浄真町にある毎週木曜にだけあく八百屋さん。
二月末に行き始めて以来、
私は毎週通っている。
前夜にブログで呉汁がでることを知ったので
厚かましくもタッパーを持参した。
八百屋さんだけに野菜もとてもいいのだけれど
ここはお惣菜もとてもいい。
今回の冷たい呉汁も
もちろんおいしかった。


ここな焼き菓子店
実店舗を一年前に閉じてしまってから
ここのお菓子が食べられるのはこの原っぱマルシェだけ。
出店するのかなーするといいなー
と探してたら前回と同じ場所にあった!
大好きなマフィンを購入。
次は秋かなあ。
次回も出店してくださいよ!!


ココペリ
当日の朝だったか。
Facebookで「イチジクと木の実のタルト」の写真がアップされて
もう食べたくて食べたくて。
ケーキやタルト。
おいしい甘いものを幾つも買いました。


宝島染工
昨年秋に宝島さんの藍染のワークショップに行って以来のファン。
ここで買ったオリジナルのワンピースがほんとに着心地よくて。
今回はチャリティーで出ていた藍のカーディガンを購入。
チャリティー価格で¥5000!!
ここでこの価格はありえない!!
その¥5000はそっくり東北に寄付されるそう。
東北にもありがたいことだろうけど
私にもありがたい。
早速、着てます。おきにいり。


setu
setuさんがにこにこ迎えてくださって。
ああかわいい。
配色の美しさにジャムとイチゴのソースを購入。
夏だからソーダと割ろうかな。
いつかsetuさんの阿蘇の教室にいってみたいなーー


8mom
前回のマルシェで見て以来
今回、出店されていたら買おう!と決めていたカッティングボード。
ブラックウォールナットの四角いものを買いました。¥5000。
とても気に入ってます。


イムスタン
宝島さんのイベントで知って以来
ここのパンやお菓子のファン。
柳川にかわいいお店ができて
既に何回か買いにいってます。
今日もモリモリとパンを購入。



e0205991_23462820.jpg


たったの35分だけど
行く予定だったお店には全部行けて
おいしいもの満載で帰宅。
ああ、しあわせ。
次回はゆっくりとまわろう。



好きなお店がぎゅーーっと集まったこのマルシェが
本当に大好き。
いつまでも続きますように。
[PR]
# by masapon9112 | 2013-05-28 07:13 | 荒尾・大牟田・玉名

チムジルバン

チムジルバンって知ってる?


チムジルバンの説明を引用させてもらうと
「チムジルバンとは、
韓国の温泉文化に基づいた温浴形態の一つで、
ロビー(休憩スペース)を中心に、岩盤温熱室を複数備え、
軽食コーナーやマッサージ・エステなど
様々な要素が複合・融合された施設。
(ぽかぽか温泉HPより引用)」

韓国のホームドラマでは
家族みんなで和気あいあいと楽しんだり
婿と舅が親睦を深めたり。
というのがドラマ「お隣さんは元ダンナ」に出てきた。
そして、韓国では24時間営業のところが多いみたいで
ドラマ「不屈の嫁」では
家出する母子がチムジルバンに泊まり込んでいた。
調べると簡易の宿泊施設としても利用できるよう。

で、韓国に行ったら
一度いってみたいなーと思っていた。
でも!!日本にもあるんです!!
たまたま行った日帰り温泉に
チムジルバンがついていた。
佐賀牛購入のついでに寄った
佐賀ぽかぽか温泉。

佐賀牛の店「季楽」で
近くにあるお勧めの温泉を聞いた時
ぽかぽか温泉」を勧められて
その名前の軽さから
まーーったく行く気にならなかったのだけれど
HPを見るとチムジルバンの文字が。
イエーイ!!言ってみようーー!!
と、家族三人行ってきました。



この施設。
チムジルバンゾーンと
温泉ゾーンに分かれている。
(温泉のみの利用もできます)

さーて。
初チムジルバンだ。

①フロントで専用着とバスタオルをもらい、着替える。
②水分をとる。
③「麦飯石サウナ」へ。
ここが一番熱くて広いサウナ。
熱々が好きな方は麦飯石のすぐそばへ。
苦手な方は遠くを陣取るといい。
広々スペースにみんなごろりと寝転んでリラックス。
e0205991_12485064.jpg

④あとはいくつかあるもうちょっと低温のサウナで岩盤浴を楽しむ。
e0205991_12485147.jpg

⑤クールダウンしたくなったら人間冷蔵庫の氷結洞へ。
⑥中庭にでたりレストゾーンでテレビみたり。

これを何回か繰り返して
最後に温泉ゾーンのお風呂に入って帰る。

というのがチムジルバンの楽しみ方らしい。
私はこの説明を全く読まずに
いきなり低温の黄土洞にいき
岩盤浴をしながらいびきをかいて
40分も爆睡した。
起きたらびーっしょり汗かいてたよ。

私達は後の予定があったから
二時間ぐらいで温泉につかって出たけれど
何時間いてもいいということなので
次回は本やiPodを持って行こうと思った。
低温のサウナならそういうのんびりとした楽しみが可能だ。

チムジルバン内は静かで
ほんと昼寝やくつろぎにぴったり。
小さなお子さんには向かないスペースだと思うが
サウナが苦手な娘(六年)は低温のサウナなら大丈夫だったし
また行きたいと言っている。

チムジルバンはサウナと岩盤浴を中心にした健康ランド。
と説明すればいいと思うんだけれど
こういう施設は何より清潔感が第一。
ぽかぽか温泉は合格点。
日本の健康ランドにありがちな
うらびれた感じがなくて
とても気持ちよく過ごせた。
そして、着衣をつけたままなので
男女分かれて利用しなくていいから
夫婦やカップルが一緒に楽しめる。
(女性専用エリアもある)
デートでもありよ。
日本国内にもいくつかチムジルバンがあるようで
また別のところも行ってみたい。


でもやはり、本場韓国でチムジルバンにいってみたい。
理由がこれ。
e0205991_12485014.jpg

韓国ではみんなこんな風にタオルを巻いているらしい。
お猿みたいでかわいいばい。
[PR]
# by masapon9112 | 2013-03-12 11:01 | 佐賀

鶏、うまし!

e0205991_14131653.jpg

昨日。
突然思い立って清里絆舎にランチに行った。
急な誘いなのに五人もご一緒できて
ほんとにうれしい。
この店はワイワイが楽しいからね。
広い敷地には90種類900本の桜が植えられていて
昨日は早咲きの桜が見事だった。



絆舎さんでの私のお勧めは鶏の狩り場焼ランチ。
(ホームページにはランチメニューがのってないけど、あるんです)
それは卓上で鶏のバーベキュー。
もしくは鶏の焼肉といえばイメージしやすいと思う。
小鉢
サラダ
鶏肉(モモ 砂肝 レバー セセリ 胸 ハツ 等)
焼野菜
お味噌汁
ご飯
デザート(昨日はシャーベット)
コーヒー
で、¥1000。


e0205991_14131599.jpg

人は炎を見るとテンションが上がる。
なんかこう、焼きながら食べるって
しあわせ感があるよね。
そして今回はお天気が良かったからアウトドア席。
春よありがとうーな気分。

ここの鶏肉を食べると
部位それぞれに違うおいしさがあると
知ってはいるんだけど
またまた言っちゃいたくなるおいしさ。
砂肝はさくさく
レバーが苦手な人もここでは
是非!チャレンジしてもらいたい。

焼いたお肉にはハーブ塩&レモン
そして意外な組み合わせの
ポン酢+生卵というタレがつく。
初回は驚いたけれど、なんかくせになる味。
いけます。


e0205991_14131665.jpg

食事のあとはのんびり敷地内を散歩。
これからの季節、桜が次々と花をさかせるし
野鳥もたくさん遊びに来る。
池には白鳥もいる。(前に行ったときは鴨もいた)
初夏にはホタルがとぶ。予定らしい。
この写真は白鳥の奥さんが網の隙間からお出かけしていたので
旦那さんのもとに帰したところ。



こちらのお店。
たいまつが灯される
夜の雰囲気もなかなかよかった。
そして、一度は食べたいふぐメニューもある。
生簀でぶさかわちゃんが元気に泳ぎ回っていた。

桜の季節の間にもう一度行きたいなーー
[PR]
# by masapon9112 | 2013-03-09 14:11 | 荒尾・大牟田・玉名

向かうは、佐賀!!

夫のおつかいで
贈答用の佐賀牛を調達することになった。


佐賀牛といえば全国的にも
ぐんぐん知名度をあげている超高級和牛。
我が家付近で調達しようとあちこちさがしたが
高級すぎて日常的に取り扱ってる店はなく
それならば佐賀へ行ってしまえ!!
と、有明湾岸道路をひた走った。

目指すは
JA佐賀に問い合わせて
「ここにきて頂いたら間違いないです」という季楽へ。
ここ、レストランなんだけれど
同じ敷地に直売所がある。
そこでお肉の説明をじっくり聞き
今回のケースの場合
(お客さんが東京に持ち帰る)
蓄冷剤の持ち時間を考えると
店から直接、客先自宅へ発送した方がいい。
という結論に。
その説明がほんとうに丁寧。
ここまで来て本当に良かったーー


さて、昼でも食べて帰ろう。と、
恐る恐る佐賀牛レストラン季楽へ。
値段をみると
¥1600の焼きしゃぶ
¥1100ハンバーグ
¥1100カレーなんかもある。
でもこれ。
すべて佐賀県産和牛。
そう、佐賀牛ではない。
佐賀県産和牛はそれはそれで
もちろんおいしい。
それはわかってるんだけど
佐賀牛ではないんだなー

佐賀まできた。
運転下手なのにがんばってきた。
ここまで来たんだから
食べんでどうする佐賀牛!!

e0205991_2233731.jpg

焼きしゃぶ 佐賀牛 A5等級 ¥3400
これにした。

e0205991_2233874.jpg

白いーー

e0205991_2233996.jpg

溶けていくーー

これぞ高級!!
うんまいいーーーーーー
たったの120グラムなんだけど
ほんと、丁度いい量だった。
大満足!!

隣席のお客さんは¥1600の焼きしゃぶを頼んでいたけれど
お肉がぜんっぜん違う。
赤いーーーーーー
私のは
白いーーーーーー
見せびらかしたいぜぇ

最近、霜降ったお肉を食べたら胸焼けするのよねー
なんて言ってたけど
いい霜降りは胸焼けしない。
はーーーーーー
おいしかった!!

赤身の良さがわかりかけた四十路の私。
でも私。
やっぱり霜降りが大好き!!
[PR]
# by masapon9112 | 2013-03-06 21:05 | 佐賀