<< チゲ鍋 新しい私 その3 >>

ちっちに夢中

e0205991_2136447.jpg
「ぼく、仔犬だけど大きいんです」

先輩Rの家に来た仔犬は
大きなうるんだ瞳でちょっと恥ずかしそうに
そう言っているよう。






名前はちっち。
ダッフィーに似た男の子で
もはもはしたパピー毛が自慢。
ゴールデンの同月齢の仔犬より大きいのでは?
と、思われる体は
推定月例3~4カ月の現在、
すでに中型犬サイズ。
どんなに大きくなるか楽しみ。
おててが大きいから、相当いきそう~




6末にわが家にも仔犬がやってくるが
先輩Rのところには3週間早く
かわいい家族がやってきた。
お互い、保健所にいたところを
保護団体に助けられた
いわゆる「捨て犬」ちゃんを飼う。
(トイは捨て犬のお母さんが保護後生まれた仔犬)


私、子どものころに犬を飼ったことはあるけれど
メインで世話やしつけをするのははじめて。
今、せっせとマニュアル本をよんでいるけれど
「夜泣きが大変」
「なんでもかじる」
「癒してもらおうなんて、最低一年はない」
なんて書いてあるので
ちょっとびびりはじめていた。

が、ちっちは・・・・
一緒にいる三時間ほどの間
結局、ひと鳴きもしなかった。
きみは、本当にワンと鳴くのかい?

とことことことゆっくり歩き
人間のご飯を欲しがることもなく
食卓の下でねている。
きみは本当に3~4カ月の仔犬かい?
12歳の老犬なのではないかい?
ちょっとサバをよみすぎだぞ?
というほどの落ち着きよう。

e0205991_21453441.jpg
そして、うるんだ瞳でじーっと見つめてくる。
かわいいーー
かわいいーー
かわいいーー

一日目から癒し系。
こんな犬もいるのね。










トイはどんな性格なんだろう。
リビングにはA4サイズのトイの写真を貼って
三人でながめている。
待ち遠しいー
待ち遠しいー
でも、あと二週間近くも待たなくちゃ。
楽しみだなあ。

ちっちとトイが仲良しになって
国立のスタバのテラスで
のーんびりお茶できる日が楽しみだ。
さて、その夢は叶うのか?
[PR]
by masapon9112 | 2011-06-14 21:50 | トイのこと
<< チゲ鍋 新しい私 その3 >>