カテゴリ:未分類( 18 )

中2の娘。
約二年のばした髪を切った。

かなり長めのポニーテールから
どんなのにしよー
どんなのにしよーと
ネットであれこれ探して悩んでいる様子。
で、美容院にもっていったのはコレ






e0205991_9325079.jpg



えーーアニメ?!
とおもったけれど
美容師さんはさくさくと
これと全く同じ髪型にしてくれた。
「私、まねっこ上手いんですー」
という言葉に笑った。
ワックスをちょっとつけるだけで
テクニックのない娘でも
いけてる感じになるように
切ってもらえて大満足。
私のもじゃもじゃも
彼女が担当してくれている。
信頼できる美容師さんがいるって
ありがたいわ。


でも、平日。
娘は学校にはワックスはつけていけない。
つけてるのがバレると
真冬であっても校庭の水道で
頭を洗われるという噂が。
なので、平日はノーワックスで
おしゃれ感まったくなし。
ちびまる子ちゃんの野口さんになってしまう。





e0205991_9325129.jpg



ところで。
私達はオーブリーオーガニクスのシャンプー&リンス
ここ二年使っている。
(娘はもっと香りプンプンのシャンプーが使いたいのだろうけど)
今まで使った自然派の中では
いちばん私の髪にあっているよう。

最近、更なる新兵器を使用中。
モロッカンオイルトリートメント
洗い終わった濡れた毛先につけるんだけど
髪がふわっとやわらかくなる。
おまけに乾くのも早くなるので
自然乾燥派の私にはもってこい。
125ml¥4500と安くはないけど
一日ワンプッシュと少量しか使わないのでかなり持ちそう。
お勧めです。

[PR]
by masapon9112 | 2015-01-30 09:01

すみれ色のコサージュ

先週土曜の夜、いそいそとひとりおでかけ。

大牟田にある「街でいちばん小さなケーキ屋さん tambour」さんの
コサージュづくりとお菓子のイベントに行ってきた。

コサージュづくりという
手先の器用さが問われそうなイベントに
うっかり、しかも単独で申し込んでしまったのは
以前からFacebookでみかけて
素敵だなあと思っていた
お花の先生Wild Flower さんが講師をされるから。
少々の不安と期待を胸に
tambourのドアの前に経つと
うわあーーーー 素敵。
大きなグリーンとキャンドル
アンティークのいろいろが配置され
それはそれは落ち着く空間が迎えてくれた。
不安は消し飛び気持ちが上がる。
e0205991_538597.jpg


e0205991_539093.jpg

e0205991_539028.jpg

先生の作品をみてイメージを膨らませる。

e0205991_539192.jpg

e0205991_53928.jpg

e0205991_539224.jpg

花材を選ぶ。
アジサイはブリザーブドフラワー。
それ以外はほとんど造花。
造花?!と思ったのだけれど
最近の造花はほんとによくできている。
毒々しさがあまりない。

e0205991_539391.jpg

選んだ花材の長さを出すために
針金を使ってワイヤリング。
そして針金を隠すためにフローラルテープを巻いて行く。
それを自由に束ねて更にフラワーテープで巻くと
出来上がり!!

e0205991_539338.jpg

みなさんそれぞれに
素敵な作品が出来上がった。
器用さもセンスも持ち合わせていない私でさえ
先生の花材のセレクトが素晴らしいので
しまった感がない作品ができた。

e0205991_539555.jpg

e0205991_539565.jpg

その後はお菓子とお茶の時間。
お菓子を超え軽食とも呼べる内容。
くいしんぼうにとってこんな嬉しいことはない。
暖かいお茶に気持ちもゆるゆるほどける。
ベッジュマン&バートンの紅茶もはじめていただいた。

会費は¥2500。
お値段以上の上の上をいくイベント。
そして、楽しい時間を作ってくださった三人の先生たちをみていて
ご近所に素敵な人たちがいるものだと
嬉しくなった夜だった。

tambourさんのイベントは今後も不定期に開催されるそう。
あっというまに埋まっちゃうそうなので
ブログをまめにチェックしよう。

e0205991_539438.jpg

私のコサージュ。
フローラルテープをぐいぐい巻きすぎて
なんと左腕が筋肉痛に。
[PR]
by masapon9112 | 2015-01-30 04:34

シュトーレン

e0205991_1043261.jpg



12月に入ってぐっと気持ちが盛り上がってきた。
もうすぐクリスマス。

となると、食べたくなるのがシュトーレン。
さて今年はどこのにしようかなーと
お店で探したりネットをみたり。
今年は是非とも「マジパン入りシュトーレン」をたべてみたい。
というのも。
去年のクリスマス時期。
パン好きケーキ好きシュトーレン好きな友人Cちゃんから
「マジパンの入ったシュトーレンがおいしい」と聞き
マジパン?あの昭和なケーキの上にのってる
家とか小人とかの?あのマジパン?
と、驚いたんだけど
調べてみると
ドイツの一部の地方ではマジパン入りのシュトーレンが伝統的なお菓子としてあるという。

それ以降、マジパン入りをなんとなーく気にしていたんだけれど
お値段は結構するし
口に合わなかったらどうしよう・・という不安もあり
なかなか買えないでいた。

そして昨日。
熊本の泰勝寺でのクリスマスマーケット
Natale!に出店されていた二子玉川のcafe lisetteさんのシュトーレンに「マジパン」の文字が!!!!

cafe lisetteさんやし間違いはなかろう。
そしてお値段も¥2000ちょっと。
マジパン入りシュトーレンにしてはお手頃。

買いました
食べました
唸りました
幸せです!

もう、心願成就。(大袈裟な!)
Cちゃんにもおすそ分けして
喜びを分け合いました。
マジパンは生地の中に棒状に横たわっていて
切ると白丸になっているところ。
マジパンも生地もおいしい。
一緒に食べると更においしい。

e0205991_1063197.jpg

e0205991_107127.jpg

e0205991_1074675.jpg

e0205991_1081749.jpg

e0205991_1084532.jpg

e0205991_1092169.jpg

e0205991_10305229.jpg

泰勝寺のNatale!は雨が降っても大盛況。
九州のおいしいもの
はるばる遠くからやってきたおいしいもの
温かい煮込み料理にほっとするお茶
ほんとに楽しいイベントでした。
どうか来年もありますように。



シュトーレンには苦い思い出が。
もう20年ほど前のこと。
美味しくてせっせと通い始めたレストランのマダムが
「うちのクリスマスケーキはとってもおいしいんですよ」と勧めてくださって
値段は¥4500と高かったんだけど
予約してどんな素敵なケーキかしらと待ちわびて
イブの夜に楽しみに開けてみると
んんんんん????
なんだこのゴツゴツした小麦のかたまりは?
硬いしお酒の味が強すぎて
ケーキじゃない!何かの間違い!
これはなんだ?!
と、家族全員が怒った。
今思えばそれはシュトーレン。

そんな私がこんなにシュトーレンを好きになるなんて。
大人になるということはかくも深くおもしろきこと哉。
あの時のシュトーレン今食べると美味しいのだろうか。

cafe lisetteさんのシュトーレンはネットでも買えます。
もし来年、熊本で販売されなくても食べれると思うとホッとした。
二子玉を姉とフラフラしていた頃を思い出すなあー

[PR]
by masapon9112 | 2014-12-05 10:10

ムール貝

娘も私もムール貝が大好き。
パリに旅行した時、
ルクルーゼのお鍋いっぱいに入ったムール貝を
わしわし食べた感動が忘れられない。

特にレオンというお店で食べたムール貝。
あれはおいしかったー
短い滞在中に二回も行った。
本店はベルギーにあり
ムール貝をメインにしたファミレスというかんじ。
味はワイン クリーム カレーなど
数種類から選べたような。
今でもレオンが日本にもできたらいいのにと
真剣に願っている。

東京にいた頃は娘の誕生祝いの折に
自由が丘のフレンチに
ムール貝を食べにいったりしていたけれど
(ムール貝の料理を倍の量で作ってもらっていた)
ここ荒尾ではムール貝をお腹いっぱい食べれる店はなくて
かなりムール貝とはご無沙汰。
冷凍して味もついてるものにチャレンジしたことはあったけど
全くレオンのそれとは別物だった。



e0205991_12404105.jpg
昨日、ふと寄った産直市場。
熊本でムール貝の需要がそんなにあるとは思えないのに
わざわざ北海道からやってきた二枚貝くん達。
思わず3パック買ってみた。
それがちょうどストウブ20cm一杯分。
¥900ほど。


たわしでこすってよーく洗う。
フジツボや土の塊はキッチンハサミでガリガリひっかいて取った。
ヒゲがあるのでびゅーっと引きちぎって
ザルに口を下にしてたてて一時間放置。
こうすることで濃すぎる塩水がでるそう。
ストウブにムール貝+白ワインを入れて10分蒸す。
蒸しあがったら生クリームとパセリをいれて出来上がり。


e0205991_12463173.jpg


味は思った以上に美味しくて
フジツボを取る苦労を忘れられるぐらいおいしかったーーーー

締めはスープの中にパスタを投入。
これまた、うまうま。
ムール貝、またかってこよー
売ってるといいなー


[PR]
by masapon9112 | 2014-10-30 12:49

冬のちゃのわ

e0205991_7564438.jpg

今年初のちゃのわのかい。

e0205991_7564449.jpg

ほかほかと湯気の上がる蒸篭。

e0205991_7564552.jpg

蒸し野菜の下には
薄紫色の生落花生の甘酢ソース。
このソースがおいしいこと!
来年の生落花生のシーズンが楽しみになる。


e0205991_7564541.jpg

フロマージュブランではなく
水切りヨーグルトとサワークリームを使った
クレメ・ダンジュー(クリームダンジュ)。
金柑のソースを添えて。

お茶は三種類。
◯ほうろくで煎った玄米ほうじ茶。
ほうろくが欲しくなる。
(使うのか?いやー、絶対に使わないって!私だもん!)

◯竹山金萱たけやまきんせん
茶葉は香りが少なく地味な印象だけれど
期待せずに淹れはじめると
青臭さの後に
ほのかに甘い香りと優しい味。

◯蜜香紅茶みつこうこうちゃ
収斂味(いーっとなるえぐ味)がなく
何杯も飲みたくなる紅茶。
ウンカのいい仕事のおかげで
こんなにおいしくなるんだなあ。



月に一度のお茶会。
細川邸の凛とした佇まいに
背中がピシリとなるのが気持ちいい。
でも、お茶が入ると心がゆるり。
一緒に通う友人たちや
ちゃのわで会える友人たちと
わいわいくすくすと楽しい時間です。




iPhoneでブログを書いているのだけれど
iPhone5Sにかえてから
写真の投稿ができなくなった。
そこで、もともと使ってたiPhone4Sで
写真をアップしてから
編集する形で投稿するといいんじゃない?
と、昨晩思い立って試してるところ。
うまくいきそう。
よかったー

二ヶ月ご無沙汰でしたが
これでブログが続けられそう。

パソコン部屋は冷蔵庫のように寒く
りんごやみかんの貯蔵庫として活用してるけど
パソコンに向かうなんてとても出来ないーーので
このめんどくさいやり方で
しばらく頑張ろうと思ってます。
[PR]
by masapon9112 | 2014-01-22 07:37

山本幸一のやきもの @ 糸永さん家


山本幸一のやきもの
@ 糸永さん家(大牟田市浄真町121 ℡0944-54-4271)
11/27水~12/1日 10:00~17:00


いよいよ今日から山本幸一さんの展示会がはじまります。
丁寧に愛しんで生みだされた焼き物たち。
今回はお皿を中心としたさまざまなシリーズが一同に。

会場となる糸永家のもみじは
今日を待っていたかのよう。
紅く紅く染まっています。
なんとも和む庭の景色と山幸窯の焼物たち。
お暇が合いましたら是非遊びに来て下さい。

門を入ってすぐのスペースでは
「稗島珈琲店」のおいしいコーヒー
その奥さんがやってらっしゃる「ひえしまさんち」のお菓子
みえこさんが作る布作品
もやってきます。
楽しい展示会になりそう。

もともと糸永家は木曜開く無農薬無肥料野菜の八百屋さん。
kattekimamaさんです。
なので、木曜には上記に加えて
旬のやさいとお総菜が並びます。
はじめて来られる方は木曜に野菜を見がてら来られるのも
いいかもしれません。
ただ、野菜と焼き物で多少の混乱が生まれそうな予感もします。
そんなときは、また改めて週末に焼き物を見に来て下さるとうれしいです。



私が、山本先生に陶芸を習っているので
今回の展示会のお手伝いさせていただいています。
お茶を入れたり駐車場案内をして
おそらく会期中は会場にいる予定。
(土曜の午後は参観日のため私はお休みです)

こんな風に作家さんのイベントを手伝うのは初めてなので
とても楽しみでもあり
東京の学校に娘を通わせていたころの
あれこれ催事をやっていた事を思い出して懐かしくもあったり。
きっと面白いことがいろいろおきるので
(糸永さんといるといつもそう)
この五日間、たくさん笑ってこようと思います。

ではみなさま、糸永家で。




[PR]
by masapon9112 | 2013-11-27 08:07

ONE DIRECTION 「THIS IS US」

e0205991_934665.jpg

昨日、観てきた。
観ている最中、ずっと思っていたことは
「お願いだから終わらないでーーー」


ここから先、ONE DIRECTION のファンの方は読まない方がいい。
怒られそうだから。
ONE DIRECTION を好きじゃない人も読まない方がいい。
呆れられるから。



ONE DIRECTION はイギリスの
ボーイズアイドルグループ。
19歳〜21歳の五人組。
オーディション番組から生まれた。
今や世界的にものすごーーい人気らしく
つい最近、日本へ二度目の来日。


2月ごろだったか。
耳に入ったONE DIRECTION の曲を
いいじゃん!!と思ったのがきっかけで
YouTubeを繰り返しみていた。
(ほんと便利な時代になった)
このまま英語圏のお気に入りができれば
英語の勉強になっていいなー
なんて思いながら
でも、ルックスがハリーポッターに出てくる子供達のようで
ハマるというところまではいかなかった。

5月。
ルックスには興味ないままだったけれど
曲はあいかわらず好きでアルバムを二枚購入。
でも付属のDVDはみなかった。
この時点ではほんとに「曲」が好き。

11月にはいって映画の公開。
そして、ONE DIRECTION 自身がコンサートのために来日した。
でも、映画にさえ行こというところまではいってなかった。



そんな私だったのに!!
情報番組の映画評で
「とにかくドキュメンタリー映画として秀逸です」と。
そしてONE DIRECTION ファンの中3の娘の引率で映画をみた友人が
「ものすごくいい!もう一回見たい!」と。
そっかー そんなにいいなら
行ってみようかなーー
私はひとり、片道車で一時間以上かかる映画館にでかけてみた。




ほんとーに。
ドキュメンタリーとして秀逸。
いきなりスターになっちゃった普通の男の子たちの過去と現在。
未来への希望と不安。
ファンへの誠実な気持ち。
家族への思い。
家族の思い。
そういう一人一人のストーリーを知って
差し込まれるライブ映像をみると
ハリーポッターの脇役に出てきそうと思っていたガキんちょが
あらあらーーー
かっこよく見えること!見えること!

それが3Dでとびだしてくるのだ。
彼らが3Dだよ!!
もう、うわーーーーーーー
というかんじ!!
私、いままで3D映画にそんなに価値を感じてなかったのだけれど
意外や意外。
ライブ映像って3Dでみるとすごくいい!
ライブこそ3Dで!



映画が終わってからも興奮が冷めず
一人でいられなくて
Hに電話してべらべら熱い思いを一方的にしゃべりまくった。
H、いつもありがとうー



嵐の潤くんに
JYJのユチョン。
そこにONE DIRECTIONのハリーも加わって。
私の生活、バラ色です。




イギリスのトイザらスでは
ONE DIRECTION のランチボックスを売ってるそう。
欲しい。
[PR]
by masapon9112 | 2013-11-14 08:20

実りの秋

e0205991_985337.jpg

一月ぶりのメンバー揃っての畑作業日。
9:00に集合して共有部分の
じゃがいも畑 ニンジン畑の草取。
じゃがいもは芋が表面に顔を出さないよう
土上げも同時にすすめていく。
約二時間ほど作業。

e0205991_985569.jpg


e0205991_985411.jpg

そのあとは、やっと巡ってきた収穫!!
小ぶりながらなんとか生長してくれた大根
芽のでる確率は低かったけれどいい感じに育ったカブ
今期、一番の成長株の春菊
いのししに狙われながらも
収穫にこぎつけたサツマイモ

そして、お向かいのミカン畑のおじさんのご好意でみかん狩り。
ハサミでチョキンと切ってバクっと味見。
もぎたては瑞々しい。
この木がおいしいー
あっちの木の方がおいしいよーと
にぎやかに収穫して
袋に詰め放題のみかんはたった¥100。



メンバー7人は主婦。
みんな農業がしたいわけではなく
楽しいことがしたくて集まった。
なので、しんどいことは大の苦手。
そんなメンバーがこの耕作放棄地を
再び放棄することなく
ほそぼそーとでも続けて
里山の一風景として定着していくにはどうしたらいいのか。
農作業は思っていた以上にきついし
雨がまったく降らないせいで
秋蒔き後の約三週間は
水撒きを毎日ローテーションでしていたこともある。
苦しい日々だった。
思い起こせば畑をはじめて以来、試行錯誤の五ヶ月だった。

とにかく、畑が楽しいものであることが継続する力になっていく。
その中でみんなでみつけた法則は
二時間以上の作業はしない。
作業の項目は最初にはっきりさせる。
まだ時間があるからと仕事を追加しない。
ゴールをはっきりさせるということが大切だということ。

欲張りすぎない。
無理しない。
一人でやらない。
苦しくなって畑が嫌いになってしまっては元も子もないということ。

でも、一番大事なことは
作業後に美味しいご飯をみんなで食べる“おたのしみ”を作ること。
とにかくこれに尽きる。
美味しいものは女子を動かすのだ。


いつもならバーベキュー。
でも、今回は子供達もいないので
ランチにでも行こうかと話していたところに
師匠からのありがたい申し出があった。
「仲間の持ってる囲炉裏小屋を使ってみないか」

と、いうわけで
畑仕事のあとは囲炉裏で鍋パーティー。
自分たちで作った大根と春菊
師匠の畑の水菜とネギ
豚肉・こんにゃく・きのこ。
たっぷり具材を入れた鍋を
みんなでもーりもり食べに食べた。
みんなそれぞれにオススメのポン酢や
鍋にはこれよ!と、お餅をもってきてくれたりして
賑やかで楽しい鍋になった。


e0205991_985852.jpg


この囲炉裏小屋、一般に向けても貸し出す方向で話が進んでいるそう。
お皿や鍋は自由に使っていいし
囲炉裏には炭を起こしてくれているので
鍋に具材を放り込めば
鍋パーティーのはじまりはじまり。

囲炉裏の優しい暖かさは
これからのシーズンにもってこい。
鍋だけではなく囲炉裏バーベキューも可能。
もちろん、串に魚を刺して焼いたり
こんにゃくに味噌を塗って田楽などもそそられる。

気になる方は
荒尾市樺1475-2
090-3604-8848(前田さん)
に、利用方法や料金を問い合わせてみてください。
そのうち海行原ツーリズムのHPに貸し出しに関する詳細が出る予定。
[PR]
by masapon9112 | 2013-11-12 22:59

maru の ばっぐ

e0205991_0174585.jpg


「maru の ばっく」展
11月2日(土)と3日(日)の2日間限定
東京 国立 黄色い鳥器店


東京・国立の大好きなお店「黄色い鳥器店」で
大好きなバック作家のmaruさんが
明日11/2〜3に個展をひらく。

ここ7年ぐらいになるかな。
私が日常的に使っているバックは
ほぼmaruのもの。

デザインがシンプルでかっこいい。
でもポケットやステッチに愛嬌がある。
そして使い勝手がよく、とても丈夫。

今回は布のバックと少し皮の小物があるそう。
黄色い鳥のあの雰囲気にピッタリ合うこと間違いなし。
ああ、手にとって持ち姿を鏡に移して
わいわいバックを選びたかったなあ。
ああ、東京にとんでいきたーーい



会場である黄色い鳥器店は
立川にいた頃、せっせと通ったお店。
国立北口の人の流れを変えたお店だと思う。
器も雑貨もいちいちビンゴ!なんだけれど
いつもお店にいくと思ってたのは
「行くだけでハレになるお店」だなーということ。

実はmaruさんは私の10年来の友人。
(もうそんなになる!)
いつも自分の世界を広げながら
でもブレることなく
丁寧に楽しんで一個一個バックをつくっている。


黄色い鳥とmaruのコラボ。
さて、どんな楽しいことになるのやらーー
行くだけでハレになります。きっと!
[PR]
by masapon9112 | 2013-11-01 21:19

自家製ベーコン

e0205991_048183.jpg


出来ちゃった。
簡単に出来ちゃった。
自家製ベーコン。

塩加減
スモーク加減。
自分の好みにすると
もう、踊りたくなるおいしさ!!
肉汁のしたたるジューシーなベーコンのできあがりーー


e0205991_048353.jpg

500グラムの豚バラかたまり肉。
塩・胡椒を刷り込む。
私は塩は小さじ2杯程度。

ベーコン作りの先輩Iさんから頂いた
フレッシュハーブを四面にペタペタ貼り付け。
オレガノ バジル ローズマリー

ぴっちりラップで2日間
冷蔵庫で寝かす。

クッキングペーパー+ラップにくるみなおして
さらに二日間。
クッキングペーパーは数回かえるといい。
水分をしっかりとった方がいいので
本当は脱水シートがいいらしい。

そして、60分スモーク。
その後10分蒸らす。


e0205991_048364.jpg


これはハマったな。
またすぐに作ろう。
いっぱい作って配りたくなる。
[PR]
by masapon9112 | 2013-11-01 20:34